エンジニアは要チェック!VR開発から配信までの費用

【VR業界は拡大傾向】VRエンジニアを目指そう

そうだ、VRエンジニアになろう!

開発から配信までにかかる費用

VR開発にかかる費用ってどのぐらい?

VR開発に興味があるエンジニアにとって、開発から配信までにかかる費用の問題ってすごく気になりますよね。最先端でハイレベルなVR開発のイメージからは、かなりの費用がかかりそうな雰囲気もします。
では、実際にどのぐらいの費用がかかるのでしょうか。パソコンなどの機器類やソフト、配信までにかかる費用から総合的に考えていきましょう。

パソコンなどの機器類とソフトにかかる費用ってどのくらい?

VR開発にまず必要なのはパソコンですよね。開発する内容が内容だけに、エンジニアとしては、なるべく費用は抑えつつも、スペックはできるだけ高いものを使用したいところです。
VR開発用として新たにパソコンを購入するとしたら、最低でも10万円の予算が必要だと考えておいてください。
VR再生用のヘッドマウントディスプレイは、パソコン用だと2万円〜9万円と価格帯にはやや幅があります。
ソフトはUnityやUnreal Engineなら無料で使うことができるのですが、Unityで無料なのは初心者向けの「Unity Personal」で、個人開発者向けの「Unity Plus」だと月額3,000円〜4,200円程度の費用がかかります。ちなみに、法人やチーム向けの「Unity Pro with Teams Advanced」になると月額15,000円です。Unreal Engineについては、開発した作品を販売してから四半期ごとの売上が3,000ドルを超えると、超えた売上の5%を支払うという仕組みです。

配信にかかる費用ってどのくらい?

ゲームや映像が完成したら、いよいよ配信の準備です。配信に360°動画配信サービスの「ハコスコストア」を利用する場合、5GBまでのスタンダードプランなら月額5,000円、50GBまでのプロプランなら月額2万円の費用がかかります。データの保存期間はどちらのプランでも無制限です。無料プランは3GBまでで保存期間は1年間なので、練習用としておすすめですよ。
iOSアプリとして配信する場合には、Apple Storeに開発者登録をします。Apple Storeでの配信に必要な費用は年間99ドルほどです。
Androidアプリの場合はiOSほど費用はかからず、初回登録費として25ドル支払うだけです。

VR開発にかかる費用は目的によって異なる

VR開発を趣味としてちょっと楽しみたいだけなら、年間10万円以内でおつりがくるぐらいかもしれません。VRエンジニアとしてどんどん上を目指したいなら、言語の習得や機材の購入などにかかる費用もどんどん上がっていくことになります。VR開発を仕事にすることを目的とするならば、先のことを見据えた予算を考えておくことが大切です。

最新記事

  • フリーランスならフリーランスエージェントを利用!

    フリーランスのVRエンジニアを目指すなら、フリーランスエージェントを利用してみましょう。個人では、契約できないような大手企業の案件や高単価案件を獲得するチャンスがあり、相場に応じたキャリアプランを選択できます。

    続きを読む
  • 転職ならエージェントを利用!

    VRエンジニアとして転職するなら、転職エージェントがおすすめです。転職エージェントには専任のコンサルタントが在籍していて、その人に合った求人を厳選して紹介し、転職成功までの道のりを丁寧にサポートしてくれます。

    続きを読む
  • これが必要!パソコンのスペック・ソフト

    VR開発に使用するパソコンは、ハイスペックなものが基本です。VR開発用に購入するなら、「VR対応」や「VR Ready」などと表記されているものがおすすめです。ソフトは「Unity」や「Unreal Engine」を使用します。

    続きを読む

おすすめ記事

  • ゲームエンジンを扱うスキルが必要!

    VRエンジニアが開発するのは、「ゲーム」や「実写映像」です。VRゲームを開発するためには、UnityやUnreal Engineなどのゲームエンジンを扱うスキルが必要で、実写映像の場合は動画編集のスキルが必要です。

    続きを読む
  • 活用事例をご紹介!

    VRを導入している業界は幅広く、医療や教育、不動産やスポーツなど、さまざまな分野におけるシミュレーションに活用されています。海外では警察や軍の訓練にVRを活用されているなど、活用の幅はまだまだ広がる見込みです。

    続きを読む
  • VRってなに?AR・MRとの違いは?

    VRは日本語で「仮想現実」と訳される技術のことです。VRは家庭向けのデバイスも多く販売されており、一般ユーザーでも手軽に楽しむことができるようになっています。VRの基礎知識に加え、ARやMRとの違いについても解説します。

    続きを読む

おすすめ記事

VRエンジニアになるには

VRエンジニアに興味がある人に向けて、VRエンジニアの仕事内容やスキル、仕事の探し方などを紹介するサイトです。本ウェブサイトへのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。