そうだ、VRエンジニアになろう!

VRエンジニアはどんな仕事なの?

VRエンジニアが作るもの

VRエンジニアの仕事は、仮想現実を体験できる技術の開発です。ヘッドマウントディスプレイやVR専用ゴーグルを装着することで、ユーザーは別世界にいるかのような感覚を体験できます。そんなワクワクするものづくりの現場はどのような世界なのでしょうか。
VRエンジニアの仕事に興味を持つと、将来性なども気になりますよね。今回は、VRエンジニアの具体的な仕事内容や将来性について解説していきたいと思います。

VRエンジニアの仕事内容

VR開発の軸となるのはCGと実写映像です。CGを使うのは主にゲームです。
CGの技術を使えば、仮想空間からキャラクターまで自由自在に作り出すことができます。CGのゲームをプレイしていると、現実とは違う世界にいるみたいな感覚になりますよね。
一方の実写映像は、シミュレーションや動画コンテンツとして活用されています。不動産の内見でVRを使うと、実際に足を運ばなくても物件を内見できます。YouTubeで公開されているVR動画もあります。

AR開発

VR開発の軸であるCGと実写映像を組み合わせたのがARです。ARはAugmented Realityの略で、日本語に訳すと「拡張現実」という意味になります。
例えば、カメラで撮影した実写映像にCGを組み合わせることで、現実にはいないはずのキャラクターが目の前にいるような感覚を体験できます。最近は、virtualとYouTuberを組み合わせた「VTuber」にも注目が集まっています。

VRエンジニアの働き方や収入は?

VRエンジニアの仕事が大まかに理解できたところで、次に気になるのは働き方や収入ですよね。
主にVR開発を行っているのは、VRコンテンツ専門の制作会社です。VRって教育分野や不動産分野、メディアや広告、モバイルアプリ開発などいろいろな分野で活用されていますよね。それぞれの業界や企業が独自にVR開発をしようと思うと、人材を確保して機材を集めるまでにかなりのコストがかかってしまいます。そのため、VRコンテンツの制作会社に依頼する企業が多いんです。
VRエンジニアの多くは正社員で、その他派遣社員やフリーランスもいます。VRエンジニアの平均年収は550万円前後といわれていますが、職業そのものがまだ新しいため平均を出すためのデータを多く集められないのが状況です。プログラミング技術のレベルによっては、年収2,000万円以上という破格の年収で採用されているエンジニアもいるようですよ。
フリーランスの場合、案件の月単価は70万円前後です。VRエンジニアの数は現時点で足りておらず、これからますます需要が高まっていく職種です。爆発的に流行するゲームのような広がり方はないかもしれませんが、着実に伸びていく分野であることは確かです。

最新記事

  • フリーランスならフリーランスエージェントを利用!

    フリーランスのVRエンジニアを目指すなら、フリーランスエージェントを利用してみましょう。個人では、契約できないような大手企業の案件や高単価案件を獲得するチャンスがあり、相場に応じたキャリアプランを選択できます。

    続きを読む
  • 転職ならエージェントを利用!

    VRエンジニアとして転職するなら、転職エージェントがおすすめです。転職エージェントには専任のコンサルタントが在籍していて、その人に合った求人を厳選して紹介し、転職成功までの道のりを丁寧にサポートしてくれます。

    続きを読む
  • これが必要!パソコンのスペック・ソフト

    VR開発に使用するパソコンは、ハイスペックなものが基本です。VR開発用に購入するなら、「VR対応」や「VR Ready」などと表記されているものがおすすめです。ソフトは「Unity」や「Unreal Engine」を使用します。

    続きを読む

おすすめ記事

  • ゲームエンジンを扱うスキルが必要!

    VRエンジニアが開発するのは、「ゲーム」や「実写映像」です。VRゲームを開発するためには、UnityやUnreal Engineなどのゲームエンジンを扱うスキルが必要で、実写映像の場合は動画編集のスキルが必要です。

    続きを読む
  • 活用事例をご紹介!

    VRを導入している業界は幅広く、医療や教育、不動産やスポーツなど、さまざまな分野におけるシミュレーションに活用されています。海外では警察や軍の訓練にVRを活用されているなど、活用の幅はまだまだ広がる見込みです。

    続きを読む
  • VRってなに?AR・MRとの違いは?

    VRは日本語で「仮想現実」と訳される技術のことです。VRは家庭向けのデバイスも多く販売されており、一般ユーザーでも手軽に楽しむことができるようになっています。VRの基礎知識に加え、ARやMRとの違いについても解説します。

    続きを読む

おすすめ記事

VRエンジニアになるには

VRエンジニアに興味がある人に向けて、VRエンジニアの仕事内容やスキル、仕事の探し方などを紹介するサイトです。本ウェブサイトへのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。