VRエンジニアとしてフリーランスになるならフリーランスエージェントがおすすめ!

【VR業界は拡大傾向】VRエンジニアを目指そう

そうだ、VRエンジニアになろう!

フリーランスならフリーランスエージェントを利用!

フリーランスエージェントとは

VRエンジニアに興味を持ったあなたが選択するのは転職でしょうか、フリーランスでしょうか。
フリーランスを考えているならば、ぜひフリーランスエージェントを利用してみてください。フリーランスエージェントが提供しているのは、本来ならフリーランスが自分で行うはずの営業や契約手続きなどをすべて代行するというサービスです。
あなたの希望やスキルをエージェントが把握したら、あとは案件の紹介から契約まで流れるように話が進みますよ。企業との面談に自信がなければ、エージェントが一緒に練習してくれます。スキルシートの添削や契約手続き、請求書の作成など、ここまで任せていいの?と思うほどの手厚いサービスでフリーランス生活をしっかり支えてくれます。フリーランス向けのセミナーを開催して、スキルアップや人脈作りをアシストしてくれるのもフリーランスエージェントのいいところです。
なにより、営業なしでエンジニアとしての仕事だけに集中できるのに仕事が安定するというメリットは、フリーランスエージェントを利用しているからこそですね。

案件の選択肢が豊富になる

案件・求人については、直請け案件を多数ご用意しているため、高報酬・高単価の案件・求人をご紹介することができます。

引用元「フォスターフリーランス」

フリーランスエージェントを利用するということは、案件の選択肢を豊富に持てるようになるということです。大手企業や高単価の案件をフリーランスが個人として受注するのはほぼ不可能です。安くない料金を支払う相手がどこの誰かよくわからず、どんな仕事をする人かもはっきりしないなら依頼したいとは思いませんよね。フリーランスエージェントを利用しているフリーランスは、個人としての信用がなくてもエージェントの信用で仕事ができるんです。この点でおすすめなのが、20年という長い実績を持つ「フォスターフリーランス」です。長い年月をかけて培ってきた信用を武器に、優良案件を数多く仲介しているエージェントです。

市場の相場に応じたキャリアプランを相談できる

現在のご状況やご希望をお伺いした上で、これからのキャリアパスに関するアドバイスをさせていただきます。

引用元「レバテックフリーランス」

フリーランスエージェントに登録したら、相場がどのような状況で自分がどの位置にいるのかを聞いてみましょう。
あなたがフリーランスになった場合、どのぐらいの単価で活動できるのかがはっきりわかりますよ。おすすめは「レバテックフリーランス」です。
レバテックフリーランスなら、今あるスキルを伸ばすべきかスキルチェンジすべきかについても、市場を知り尽くした立場からアドバイスしてもらうことができます。あなたと同じようなスキルセットを持つフリーランスの事例なども参考になるはずです。
完全に個人で活動していると適正な単価で契約できなかったり、受けないほうがいい案件を受けてしまったりと、失敗を積み重ねてしまうことって多いんです。最短最速でキャリアアップしていくためにも、フリーランスエージェントを上手に活用してくださいね。

最新記事

  • フリーランスならフリーランスエージェントを利用!

    フリーランスのVRエンジニアを目指すなら、フリーランスエージェントを利用してみましょう。個人では、契約できないような大手企業の案件や高単価案件を獲得するチャンスがあり、相場に応じたキャリアプランを選択できます。

    続きを読む
  • 転職ならエージェントを利用!

    VRエンジニアとして転職するなら、転職エージェントがおすすめです。転職エージェントには専任のコンサルタントが在籍していて、その人に合った求人を厳選して紹介し、転職成功までの道のりを丁寧にサポートしてくれます。

    続きを読む
  • これが必要!パソコンのスペック・ソフト

    VR開発に使用するパソコンは、ハイスペックなものが基本です。VR開発用に購入するなら、「VR対応」や「VR Ready」などと表記されているものがおすすめです。ソフトは「Unity」や「Unreal Engine」を使用します。

    続きを読む

おすすめ記事

  • ゲームエンジンを扱うスキルが必要!

    VRエンジニアが開発するのは、「ゲーム」や「実写映像」です。VRゲームを開発するためには、UnityやUnreal Engineなどのゲームエンジンを扱うスキルが必要で、実写映像の場合は動画編集のスキルが必要です。

    続きを読む
  • 活用事例をご紹介!

    VRを導入している業界は幅広く、医療や教育、不動産やスポーツなど、さまざまな分野におけるシミュレーションに活用されています。海外では警察や軍の訓練にVRを活用されているなど、活用の幅はまだまだ広がる見込みです。

    続きを読む
  • VRってなに?AR・MRとの違いは?

    VRは日本語で「仮想現実」と訳される技術のことです。VRは家庭向けのデバイスも多く販売されており、一般ユーザーでも手軽に楽しむことができるようになっています。VRの基礎知識に加え、ARやMRとの違いについても解説します。

    続きを読む

おすすめ記事

VRエンジニアになるには

VRエンジニアに興味がある人に向けて、VRエンジニアの仕事内容やスキル、仕事の探し方などを紹介するサイトです。本ウェブサイトへのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。